私は、不登校・うつ症状で大学を2年留年した後、卒業しました。当時、留年仲間がおらず苦労したので、同じく留年してしまった人の為にブログ作りました。 私の卒業後…日雇い派遣→就職→心身壊し退職。知人の所でバイトしつつヘルパー2級取得→保育士試験受験。結果は不合格。


by ryu_nen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

歓び上手になる為に。

最近、ブログ更新がとまってました。
それは、なんだか自分が書いた文を見返すのが怖くて・・・
自分も見たくないような、汚い悪意ある文を誰が好んで見るんだろう?
疑問を感じてしまったから。

世の中は朝から、殺人に事故、災害のニュース。

それなのに、私もその流れに乗って
欝っぽくて、不健康で対立やケンカの絶えない文章を書くのにうんざりした。
それが事実であったとしても。

ミスチルの桜井さんの紹介の文章がついてる
「HAPPY NEWS」ってご存知ですか?
世の中の幸せになれる新聞記事が載ってる本です。
私だって小さな幸せを見過ごしてるんじゃないだろうか?

ベストセラーになった五木寛之さんの「生きるヒント」の第一章に
「歓ぶ」という章があります。
ここには自分から歓びを積極的に探すことを意識する方法が載っています。
歓び上手になりましょう。ということです。

中山庸子さんの「いいこと日記」というのを以前つけていたのですが、いいことを意識して書いていけばどんどん喜びが増幅していきいいことがいっぱいの一年になるというものです。歓び上手になることと不思議と通じていました。

最近、ディズニー映画の「ポカホンタス」を見たのですが、ネイティブアメリカンの彼女の父は言います。
「正しい言葉を使うものは正しく導かれ、悪い言葉を使うものには悪いことが起きる」と。言葉は言霊だということです。今の私は、感情のままに人に悪意や弱音を吐いたり。
これって、結局自分を汚してるのではないかと思った。
もっと、言葉って大切に使わなくちゃいけないものなのではないかって思ったんです。

ブログをはじめたのは、私の場合、人には言えないような状況になったことが大きい。
ブログって面と向かっていえないような事も書いていいと思ってる面がある。
でも、最近、それは違うように思ってきた。
電話やテレビと同じ。ネットも私が誰かに何か伝える為のメディアなんだよね。
ここは私の好きな「自己表現できる場」であり、「舞台」と同じなんだよね。

留年生活って孤独だし、落伍者みたいに思われちゃうし、
ダメ人間だっていわれたりもする。自分でもそうなのかなって思ったりする。

でもね、だからってそれを広げる必要なんてない。
これ以上、悲しいことを広げる必要なんてないよね。

もう、悲しいことや、いらだつことは書かないことにした。
自分が書いた文字が持つ力が怖いしね^^:

これからは、いいこと、歓び、GOODNEWS、HAPPYNEWSについて書いてみようって思う。

もう闇を深くするのはやめよう。Worlds End みたいに、
私だって、誰かを光で照らすこと、できると思うから。

HAPPY NEWS
社団法人日本新聞協会+HAPPY NEWS実行委員会 / マガジンハウス
ISBN : 483871601X
スコア選択:
メモ:桜井和寿さんが紹介文を書いている。幸せな新聞記事が載っている本。

生きるヒント―自分の人生を愛するための12章
五木 寛之 / 角川書店
ISBN : 4041294185
スコア選択: ※※※※
メモ:文庫を読書中。人生について考えたい人は一読の価値あり。続編もあったんだ☆

「なりたい自分」になれる中山式「いいこと日記」をつけよう!
中山庸子 / マガジンハウス
スコア選択:
自分を見失わない為に
メモ:中山さんの「いいこと日記」毎日をいかにポジティブで楽しく暮らすかという考え方のヒントが載っています。
[PR]
by ryu_nen | 2005-10-11 22:00 | 留年日記