私は、不登校・うつ症状で大学を2年留年した後、卒業しました。当時、留年仲間がおらず苦労したので、同じく留年してしまった人の為にブログ作りました。 私の卒業後…日雇い派遣→就職→心身壊し退職。知人の所でバイトしつつヘルパー2級取得→保育士試験受験。結果は不合格。


by ryu_nen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

本当は卒論を書きたいの?書きたくないの?

学生カウンセリングにての話。

先生に言われたのは、
「あなたは本当は卒論が書きたいのかどうか?」ってこと。

本当に書きたくて頑張ってるんだけれども書けないのか、
本当は書きたくないのに、無理して書いてるから書けないのか
本当の気持ちはどこにあるのかということ。

卒業しなくちゃ。卒論書かなきゃ。それはわかってる。
卒論も良いものにしたいし、卒業もちゃんとしたい。
親の為にも、卒業しなくちゃいけない。
でも、卒論書こうとすると気分が悪くなり鬱状態になるので書きたくない。すごくつらい。

本当はどっちなんだろう?
私は卒論を書きたいのか。
それともただやらなくちゃいけないからやってるだけなんだろうか?

大学なんてどうでもいい。
でも親に「大卒でもないおまえに何ができる?」と言われれば、
私に何かできることがある気がしない。

やっぱり半端なまま、社会に出るのが怖い。

でも悔しい。私はまだ、自分の人生を自分で手にしていない感じがする。
ずっとそうだ。親の人生を生きてる気がする。
そのことがとんでもなく、苦痛で悔しい。

でも、親も私の為を思って言ってくれてることはわかってる。

今はまだ、本当は大学を卒業したかったのか、わからない。
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-18 12:21 | 卒論