私は、不登校・うつ症状で大学を2年留年した後、卒業しました。当時、留年仲間がおらず苦労したので、同じく留年してしまった人の為にブログ作りました。 私の卒業後…日雇い派遣→就職→心身壊し退職。知人の所でバイトしつつヘルパー2級取得→保育士試験受験。結果は不合格。


by ryu_nen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

卒業しました☆

卒業しました。
うつ症状の診断書を出したので、卒論は先生がだいぶ直しました^^;
最後は卒論をメールで提出するという荒業が通りました^^;
この特別措置がなかったら、今年も無理だったでしょう><

私の勝手なアドバイスですが
もし調子悪くて、留年しそうになったら
遠慮せず、病院で診断書を書いてもらって出した方がいいです。

はっきりした診断があった方が、大学側も対応しやすいそうです。

ところで
卒業式はリクルートスーツで出ました。あんまりお金かけたくなかったので^^;
さすがに二年の留年の費用がかかっていますし^^;

女の子は8割くらい袴と振袖でした^^みんな本当に綺麗でした~☆
あれは本当、日本の美ですね。
他にも留学生のチマ・チョゴリなんかも見れて美しかったです。

全然知らない人の卒業でも嬉しいですね~!
この二年間で一番よかった、私が変わったことです。
人の幸せを喜べるようになったこと。
前は、ねたみや嫉妬、あせりがあって他人の幸せを純粋に願えなかったんです。
今も嫉妬がないわけではないけれども
それよりも人が幸せであることがとても嬉しいです。

当たり前に幸せであることの難しさを嫌というほど知ったから。
ねたみと嫉妬に狂い、自分だけの欲望を追えば追うほど、
自分も世界も汚れていきます。それは、とてもつまらないことだと気づきました。

だから一人でも多くの人に幸せでいてほしい、幸せな人には心からお祝いしたい。

卒業式に出て
私は大学生活が6年と長かったので
まったく卒業という実感がなかったのですが、
「友との別れ」や「終わり」、「大学を離れる」「二度と戻らない日々」という言葉を何度も聞くと
ちょっと実感が沸いて来て
「もっと大学にいたかった」
「もっと大学の人と一緒にいたかった」
なんて思えるから不思議です。
あれほど嫌がって、避けて、地元でバイトしたり、仲間に会っていたのに。

残ることはみんな美しいことみたい。
過去のつらいこととか、嫌なこととか、忘れてしまってる。

ほとんど出なかったゼミの先生も自宅で飲み会を開いてくださいました。
本当に今年度の卒業生も、先生もよい方でした。
もっと、仲良くなればよかったと今更残念に思ったりして…。

今はすっきりとしてわりと調子が良いので、
このままの勢いで仕事が決まればいいなと思います~。(そんなうまくいかないだろうけど)

今は調子いいけれども、良い後は悪くなるので病院にもいかないと…
[PR]
by ryu_nen | 2006-03-23 23:44 | 留年日記