私は、不登校・うつ症状で大学を2年留年した後、卒業しました。当時、留年仲間がおらず苦労したので、同じく留年してしまった人の為にブログ作りました。 私の卒業後…日雇い派遣→就職→心身壊し退職。知人の所でバイトしつつヘルパー2級取得→保育士試験受験。結果は不合格。


by ryu_nen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

癒し系美容師。

今日は、誕生日フィーバーが続いたのか、とてもテンション高く、お化粧まで、できた。とても調子がよかった。

いろんな発想がわいて、いろんな人に連絡とりたくなった。

すごくいい感じでした。毎日これだったら、問題なく働けそう!

毎日こうだったらいいのに。

調子がいいので美容室に行った。
若い男性の美容師さんが担当してくれた。
バイト帰りで眠い私。黙って髪をきる彼。

しかし、だんだん「なりたい髪のイメージ」だの「髪の長さ」だのきいてくる。
私はただ髪の管理がわずらわしいから切ってほしいだけなのに(>_<)
本当は髪は長いほうがいいけれども、自分で管理できないの。
だからできる限り、簡単に保てる髪がたにしてほしかった。悲しいけれども。

髪なんて、大切にしてられないの。くすん(;_

それなのに、詳しく、イメージだの、やりたい前髪だのきいてくる。
私は自分の髪がセットしにくい髪であることを知ってるので、もう希望どおりにならないことを知っている。

それでも、彼は、希望のイメージを聞いてくれたり、アドバイスをくれる。具体的な言葉がでない時は好みのヘアスタイル写真や好きなファッションなんかもきいてくれた。

大切なのはその人がどうなりたいのかだとその人はいった。まるでカウンセリングみたい。

私はかわいい系の顔なので前髪を短くすると子どもっぽくなるから、前髪をなくしてみたら?とか提案もしてくれた。
髪質をみながら、お手入れしやすいスタイルにしてくれた。

この人は本当に、この仕事を熱意を持ってやっていることがわかった。

べつに、適当に切ればいいのにさ。それでもお金はもらえるだろう。
それなのに、あーだの、こーだの聞いてくる。
それが仕事のためというよりかは、本当にお客さんに似合っていて、本人がしたかった髪型をつくりたいっていうきもちが伝わってきた。
お金の為だけじゃなく、それ以上のものを感じた。

こんなに熱い人に会ったのは久しぶりだった。

私が前髪がうざくて…(>_<)と言っていたのを気にしてか、帰りぎわにも、落ちてくる前髪を横わけにしてくれた。
男性に髪をさわられたのなんて、久しくなかった。触れられたことですごく癒されてしまった。
人に触れる仕事は何でも、癒しの仕事だってきいたけれども、本当だなあ。

一時間近く、その人と色々話せて、3000円やそこらで済むなんて、安いんですけれども!

なんか、思ってたのとちがう髪型になったけど、もうなんでもいいや(笑)
一生懸命やってくれた。それだけで満足したし、熱意のある人に久しぶりに会えて、やっぱり仕事って、お金だけじゃないんだなって思った。

美容室、行ってよかった~(o^-^o)その美容士さんに会えてよかった。
[PR]
by ryu_nen | 2007-02-15 23:39 | 留年日記