私は、不登校・うつ症状で大学を2年留年した後、卒業しました。当時、留年仲間がおらず苦労したので、同じく留年してしまった人の為にブログ作りました。 私の卒業後…日雇い派遣→就職→心身壊し退職。知人の所でバイトしつつヘルパー2級取得→保育士試験受験。結果は不合格。


by ryu_nen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

暖かな日

今日は暖かな日だった。昨日、販売促進のアルバイトをしたせいで身体がだるい。七時間も、人に積極的に話しかけたり呼びかけ続けるというのはかなりエネルギーを使うようだ。
祖父から「家のカギがない」と何度も電話がかかってきて、しまいには家を訪ねてきた。両親は出かけていていない。仕方なく眠いまま祖父の家に行った。カギはすぐみつかった。祖父は私に留守番を頼みカギをかけずに、買い物に行った。じゃあ、なんの為にカギを探したのか。認知症とはボケるというだけあって、ツッコミどころが満載の病である。

暖かな日なので、祖父の庭を歩いた。四坪ほどの庭で私は日が暮れるまで子どもの頃、遊んでいた。どうしてこんな場所で何時間も遊べたのか不思議だ。
春になるとチューリップやヒヤシンスが咲き誇った花壇も今は荒れ放題である。芝生は祖父が根こそぎ刈り取ってしまった。祖父がお昼にと買ってきたパンは、袋入りの菓子パンだった。以前は、パン屋まで買いにいっていたのに。買い物も不自由になったのだろう。

それにしても、久しぶりに暖かいと、どこかへ出かけたいと自然と思えるから不思議だ。夜になっても、冷えない。それは、初夏あたりの夜と似ていた。
私は二十歳頃に夜、仲間と語りあったことを鮮明に思い出した。いてもたってもいられなくなった。これから、暖かくなると鮮明に思いだすのだろうか。もうどこにもない日々のことを。また記憶だけが鮮明で苦しむんだろうか。もう、仲間だって社会人だし、私がいた場所だってないのに。今年はどうやりすごそうか。私は一体なんなんだろう?どうしてなくなった日々をまだ求めてるんだろう。こんな状態で日々を送るのは不安である。

ただいてもたってもいられなくなる。あてもないのに飛び出したくなる。ただあの日々を求めている。一体、どこにいこうというの?
季節の変わり目って不安定になるって本当かも。どうなっちゃうんだろう。
[PR]
by ryu_nen | 2007-03-05 01:06 | 留年日記