私は、不登校・うつ症状で大学を2年留年した後、卒業しました。当時、留年仲間がおらず苦労したので、同じく留年してしまった人の為にブログ作りました。 私の卒業後…日雇い派遣→就職→心身壊し退職。知人の所でバイトしつつヘルパー2級取得→保育士試験受験。結果は不合格。


by ryu_nen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

過去に戻りたくなる心理

認知症の一つに、若い頃の記憶が戻って、当時と同じように行動してしまうというのがある。
男性であれば、会社へいくと言い出したり、女性であれば子どもの世話を始めようとしたり。
それも、自分が一番輝いていた時期、大変だったけれども一番やりがいが持てていた時期に帰る。不思議と自分が苦しかった時期には戻らない。
これは専門家によると、今の自分が自分ではないような気がして、昔の生き生きとしていた自分にアイデンティティを求めているのではないかということである。
だから、昔に戻っていたらそれを否定するのではなく、話を聞いてあげること。もっと大切なのは、今の自分が「必要とされている実感」を持たせてあげることだと書いてあった。

私も、時々、むしょうに過去に戻りたくなる。
いや、戻ってしまっている。
いつも仲間がいて、取り組むことがあって、認めてくれる人がいた頃に。
気づいたら、そこへ帰ろうとしている。不可能なのに。

でも、当時だって、嫌なことはあったし、悩みもあったし、
そんなに幸せだとも思っていなかった。

それだけ戻りたくなるということは、つまり今の自分が自分ではない感じがするということなんだろう。
「自分が必要とされている実感がない」というそのとおりである。

問題は「過去に戻れない」ということではなくて、「今の自分が自分らしくないと感じる」「生きる充実感がない」ということなんだろう。
[PR]
by ryu_nen | 2007-03-06 15:37 | 留年日記