私は、不登校・うつ症状で大学を2年留年した後、卒業しました。当時、留年仲間がおらず苦労したので、同じく留年してしまった人の為にブログ作りました。 私の卒業後…日雇い派遣→就職→心身壊し退職。知人の所でバイトしつつヘルパー2級取得→保育士試験受験。結果は不合格。


by ryu_nen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ストレス源は何だろう?

ストレスマネジメントの講座に行ってから、自分のストレス源について考えてみた。
「イライラする」「自分を傷つけるような言動」「不眠」こういったことはストレス症状なので、原因ではない。ストレスの原因があって、それを自分はどう受け取っているか、考えているか。そして、どう取り組んでいるかを再チェックした。
私の場合、ストレス源は「人生の見通しがないこと」と「仕事が不安定」だということだった。
他にも、人間関係のトラブルとか、親の期待が重い・罪悪感。コミュニケーションが苦手ということがある。
中でも、仕事が不安定ということは、見通しのなさにもつながっていることがわかった。
仕事が不安定ということは、予定が決まらないということ。収入が不安定であるこということ。収入が不安定であるということは、精神的にも不安定である。

今までは、日払いのアルバイトで必死にお金を貯めようとしていた。
それでは、働いている間はいいけれども、またいつ仕事がなくなるかわからない。
そんなふうに頑張っていても、安定はしないものだから、自分を駄目人間だとののしる。
そして、そんな自分をまわりから変な目で見られるのではと、隠れて生活するようになる。
自己否定し、収入が減ることを恐れ日払いのアルバイトを続ける。不安定さは我慢して無理して稼ごうとする。人づきあいは避け、いつ不安定が爆発するやもしれないので、長期の仕事はあきらめる。そうするので、また収入は安定せず不安な毎日を送る。不安だから日払いのバイトを続ける。という悪循環になっていた。

そこで考えたのは、日払いはやめてある程度期間が決まった仕事をする。
人と接することはよい点がたくさんあるので、人と話すことをやめない。
人間関係のトラブルなど自分の力だけでは解決できないことは、専門家を頼る。

などなど、いろんな案がでてきました。

最初からうまくはいかないだろうけれども、やってみます。
[PR]
by ryu_nen | 2007-03-06 17:19 | 留年日記