私は、不登校・うつ症状で大学を2年留年した後、卒業しました。当時、留年仲間がおらず苦労したので、同じく留年してしまった人の為にブログ作りました。 私の卒業後…日雇い派遣→就職→心身壊し退職。知人の所でバイトしつつヘルパー2級取得→保育士試験受験。結果は不合格。


by ryu_nen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:卒論( 5 )

学生カウンセリングにての話。

先生に言われたのは、
「あなたは本当は卒論が書きたいのかどうか?」ってこと。

本当に書きたくて頑張ってるんだけれども書けないのか、
本当は書きたくないのに、無理して書いてるから書けないのか
本当の気持ちはどこにあるのかということ。

卒業しなくちゃ。卒論書かなきゃ。それはわかってる。
卒論も良いものにしたいし、卒業もちゃんとしたい。
親の為にも、卒業しなくちゃいけない。
でも、卒論書こうとすると気分が悪くなり鬱状態になるので書きたくない。すごくつらい。

本当はどっちなんだろう?
私は卒論を書きたいのか。
それともただやらなくちゃいけないからやってるだけなんだろうか?

大学なんてどうでもいい。
でも親に「大卒でもないおまえに何ができる?」と言われれば、
私に何かできることがある気がしない。

やっぱり半端なまま、社会に出るのが怖い。

でも悔しい。私はまだ、自分の人生を自分で手にしていない感じがする。
ずっとそうだ。親の人生を生きてる気がする。
そのことがとんでもなく、苦痛で悔しい。

でも、親も私の為を思って言ってくれてることはわかってる。

今はまだ、本当は大学を卒業したかったのか、わからない。
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-18 12:21 | 卒論
卒論をやろうとすると、気分が悪くなったり、吐き気に襲われる私。。。

調子が良い時に、それはなぜか考えてみた。

卒論をやろう、やらなくちゃってキモチはある。
でも、やらなくちゃいけないことがポンポン浮かんできて
何をしたらいいのかわからなくなる。

「できない。やりたくない。わからない。私はダメダメダメ・・・」

そんなことだけがグルグルまわってパニックになる。
この状態では論文を書くなんてことはできない><

対策として考えたのは、
できないことではなく、できることだけやる。」
「やりたくないことでなく、やりたいことをやる。」
「わからないことではなく、わかってることを書く」
これで少し楽になりました。

例えば、論文を書くのが難しいのなら、まず参考文献を読むだけとか。
論文が難しいなら、感想文をまず書いてみるとか。

まず、できることから、やりたいことから、わかることからやる。
それには、気分の悪さはないようです(^^)

それにしても、提出まで二週間切ってます。
内容より、規定の枚数を超えることをまず目標にしよう☆
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-18 11:55 | 卒論

先生に会う日。。。

この新しいスキン(四季)かわいい・・・。
エキサイトブログもいいことするじゃん。
ちょっとHAPPYダ。。。


卒論、結局、こないだ先生とお会いしてからの13日間で、できなかった。

うまくいけばいいなあと思ってたけれども。。。
そんなうまくはいかないな。。。


先生に会いたくない。。。
でも、会わずに後期始まったらまたズルズル時間が経って
50万円以上の授業料が無駄になる。。。
それなら、行かないと今決めたほうがいい。


大学の人間関係の悪さは無視することに決めた。
かかわらなければいい話。
メールも電話も無視してしまえ。
今は自分のことに集中すべし。
1個問題解決した。
[PR]
by ryu_nen | 2005-09-21 11:53 | 卒論

自己評価の低さ。

大学六年生という私の卒論を
担当してくださるありがたい先生に言われたのは、
卒論がかけない一番の理由は

「自己評価が低すぎることではないか?」といわれた。
「自信をつけろなんていわれても困るだろうが、
ここまで来れたわけだし、だまされたと思って、やってみないか?」

と言ってもらえた。

そーなんだ。
わかってる。
自己評価の低さ。
それが私にあるっていうの。

「私なんて、どうせだめなんです」って言えば、傷つくこともないから。
前進もないけれども。

「あなたは卒論をかく十分な能力がある」と言ってもらえたので、

今はそれを信じよう。

今が一番幸せ。ひとときだけども。

そんなふうに気にかけてくれる先生がいて
(留年した時は顔あわせられない時期もあったし)

おだやかな日々。夢のような日々。
きっと、今が一番幸せだと思う。

夏休みが終わったら、また地獄の日々。
人間関係にしても、またぐちゃぐちゃになることを覚悟しなくては。
お金もまたかかるだろうし・・・

今は先生を信じて、やってみよう。
[PR]
by ryu_nen | 2005-09-11 02:41 | 卒論

超お悩みな卒論。

二年間の超重荷といえばこれ。
卒論です。
これがなんと私の大学は必修なのね。

でもね、30枚なのね。A4一枚1200字で。ちなみに文系です。
けっこうすぐ、この枚数いく人もいるみたいなのね。

でも、私は無理。
こうやってブログなら書けるんだけどれも。

でもね、あういうまとまった文ってかけない。
書いてるうちに違う結論になったりね><
ちぐはぐした文章になる。

みんななんであんなに興味が持続するんだろうねぇ。
私が興味ないことやってるからかな。

いや、多分、大事なことを取り上げすぎて
それが本当に大事すぎて妥協したくなくなっちゃったんだな。
でも、力もないから100%の完璧な文なんて書けるわけないのに。

えーと、卒論は「好きなことを取り上げましょう」なんて書いてる本もあるけど
それはしないほうがいいと思います。
好きなことは好きなことのまま、
心のリフレッシュに使いましょう。
私は好きなことを卒論に取り上げたら
好きなことを純粋にできなくなって、ストレスになってしまったから。
自分にとって、大事すぎることは、卒論のテーマになんかしちゃダメだね。

私、一体何を大学に期待してたんだろう。
なんか、差別者だったなと思う。
大学はえらいなんて思ってた。
馬鹿みたい。もっと、大事なものはすぐそこにあったはずなのに。
[PR]
by ryu_nen | 2005-07-29 00:38 | 卒論