私は、不登校・うつ症状で大学を2年留年した後、卒業しました。当時、留年仲間がおらず苦労したので、同じく留年してしまった人の為にブログ作りました。 私の卒業後…日雇い派遣→就職→心身壊し退職。知人の所でバイトしつつヘルパー2級取得→保育士試験受験。結果は不合格。


by ryu_nen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ADHD( 12 )

新しい精神科に行きました。

私は、ADHDではないとそこで、診断されました。

うつ病と気分障害だそうです。

なんか混乱中、というか拍子抜けしています。
[PR]
by ryu_nen | 2007-02-18 04:06 | ADHD

最近のおくすり。

最近、ウツのお薬は飲んでない日が多いです。
不安な日と眠れない日は飲むようにしています。
もう飲みきってしまったので、お医者さんにいかないといけないです。

思うのはお薬は不安そのものをを解消してくれるわけではなく、
不安を感じないように脳に働きかけてくれるんです。
だから、飲んでも本当の問題解決にはなりません。
はじめは、お薬を飲めば治るって思っていたけれどもそうではなかったです。
だから薬は補助的な役割と考えて、頼りっきりになるのは避けたいです。

でも薬を飲まなくても大丈夫になったのは
大学を卒業して、住み慣れた場所に戻ってきて
自分が安心できる人と定期的に会えるようになったのが大きいと思います。

それでも、また、就活など、新しいことを始めていく時なのかもしれません。
大学生活は、これぐらいできるだろうと自分を過信しすぎて収拾がつかず
うつの診断書を出すということで特別に配慮して卒業できたところがありますが、
今度は、自分の足場は崩さず、少しずつ行動範囲を広げていこうと思います。
[PR]
by ryu_nen | 2006-07-01 02:20 | ADHD
2週間ぶりの心療内科です。
今日は調子いいので、行く必要ないかなって思ったんですが…
でも、良い後は悪くなるので。。。

今日は色々先生に疑問が聞けてよかったです。

A・最近、薬(ドグマチール・リーゼ・パキシル)を飲んでも効いていない気がするのですが?
Q・薬の効力が弱いので強いストレスがかかると、効いていないと感じることがある。
  就職活動など、動いているとストレスが大きくなっている時期だと考えられる。

A・「うつは治る」というが本当か?
Q・最初から平坦に生活している人がストレスなどでうつ病になった場合、休職や薬でうつ病は治るが、もともとうつと躁を繰り返している私のような人は、気分が一定になることがないので、上手にコントロールしていくしかない。よって治るというより付き合うという感じ。

A・よく就職採用の条件に「心身ともに健康な人」と書かれているが、私は応募していいのか?

Q・それは企業の建前で、働く人にもうつの人は多くいる。
自分にとってストレスの少ない職場、自分にあった環境を選ぶことが大切。

A・眠れないくらい勢いついて何でもできそうな時に注意した方がいいことは?
Q・調子がよくても、その後どーんと落ちてしまうので、何事もやりすぎないこと。
生活ペースを乱さないように気を配る。

まあ、先生個人の意見なんで、あんまり参考にならないかもしれないですね…。
それぐらいな感じで見てください~。

でも、ストレスや混乱でで不登校や留年、うつになったことは
仕事をしても似たことが起こる可能性があるので
これから先も注意していかないといけないです。
[PR]
by ryu_nen | 2006-03-24 22:54 | ADHD
障害を持つ人への理解の為の講座があったので行って来ました。

先生が「皆さんは障害を持つ人と言われて、まわりにいないので、話しを聞いてもわからないかもしれませんが…」と何度もおっしゃっていましたが
自分がADHD的な傾向を持つと医師に言われてからは、本当に障害を持つ人への見方が変わったなと思います。自分と違う人ではなく、我が事のように聞くようになりました。

先生がおっしゃっていたことで気になったのは
「いじめや虐待、その他の要因で実はなんらかの軽度の障害があるにもかかわらず
個性として見られて医療機関にもかからず
見過ごされたり、見つかっていない、または悪化していないだけで
存在している障害を持つ子が増加していることが
危惧される」とのこと。私もこれは確かにそうだと感じました。

私も大学を留年し、卒論の資料整理ができなくて、爪を噛む癖が悪化しなければ
医者に行くことなんてなかったもの。
そしたら、私は馬鹿にされてきたダメ人間として生きていっていたと思う。


もう一つ、
私の知っている自閉症の男の子が不安やストレスで
自分の爪や皮、足の皮も噛んで血をにじませていた話を聞いた。
その自傷行為の様子を聞いて自分のことのように痛かったよ…。
自分もよくやってることなのに、人が同じことをやってるのは、なんだかすごく痛かった。
彼の不安…あてどころのない苦しみ、自分のダメさを責める激しい気持ち…
なんとか痛みや苦しみををやわらげたい、追い詰められた必死な気持ち…
きっと彼にもそういうのがあったのかなって思ったら、

わかりえないと思っていた彼は、実は私とそんなに変わりはしないのだと思った。
[PR]
by ryu_nen | 2006-01-27 00:28 | ADHD
ADHDっぽい私は診断書をもらうべきでしょうか?

私の友達にアスペルガーっぽい子がいるのね。
その子も卒論書いてるんだけれども、進みが良くないのね。
もともと、うつなところや感情表現が激しいところがあったし、病院にいくことを進めてみたの。

その子がいうには、
「もし病気や障害で卒論が遅れてるなら、
医者に診断書を書いてもらったほうがいい。
そのほうが先生や大学にサポートしてもらえるから。」っていうのね。

アメリカの大学では、ADHDと認定されるとレポート提出を待ってもらったりしてくれる制度があります。

その子が聞いたところによると、私の大学も診断書があった方が
大学もなんらかの対応をしやすいそうなんです。

診断書って大学病院でしかとれないってネットでみたんですが…

うーん。診断書を取ったほうがいいのかなあ。
てか私がとれるものなのかな。。。
単なるサボリか、私が馬鹿なだけかもしれないし。。。

最近は週一回大学のカウンセリングを受けていました。
そこでは「あまりADHDにこだわらず、あなたの個性として考えていきましょう」
っていわれてたんだけれども、
一度また近くの病院に行ってみるべきか、ちょっと考えてます。
[PR]
by ryu_nen | 2005-12-27 01:53 | ADHD
私って本当に片付けが苦手なことが判明…
部屋を片付けようとすると異様に憂鬱…

机はモノのなだれが起こってるし、床はモノが散らかり放題…
ふとんの上もだんだんモノが乗り出した…><
ありえねええ。。。

わかってたことだけれどもさ…。
やっぱ私は、ADHDなのか?

またまたADHD関係の本や、片付けや収納アイディアの本を
読んで対策した方がよさそうです…

困ったな…なぜこんな単純そうなことができないんだろう?
[PR]
by ryu_nen | 2005-12-18 02:48 | ADHD

障害も自分の一部です。

これもカウンセリングにての話。

心療内科の先生は、
卒業をすべき状態で、本人もそれをわかっていて
卒論を書こうとして努力しているにも関わらず
それができていないということは
資料の整理が苦手なADHDという障害ではないか?とおっしゃった。
そこで私は「私はちゃんとやってるから、悪いのは私でなくて障害だ」と思う部分があった。

でも、カウンセリングの先生は、もしADHDだったとして、
「障害を含んで、あなたなんだ。障害もあなたの一部なんだ」
と言った。

障害も含んで、あなたの卒論を考える。これからの人生を考える。
そうだよね。私が一生つきあっていかなくちゃいけないことだよね。

障害を持つ人はみんな当たり前に自分の障害と一緒に生きてるんだと思ってた。
でも、そうじゃないんだね。
みんなこうやって、自分の一部として障害を受け入れるの時があったのかもしれない。

障害は障壁でもないし、敵でもないし、不幸でもない。自分の個性なんだね。
いろんな障害についての本に、そういうことが書いてあったけれども、
以前より実感を持って、わかった気がする。
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-18 12:25 | ADHD

爪噛みと自傷癖(?)

私はひどい爪噛みの癖があります。

(この記事は一部自傷行為的な内容が含まれますので
気分が悪くなりそうな方は読み飛ばして下さい。)


それも爪を噛むだけでなく、指先の皮も噛んだり
それだけでは足りず自分で指先を傷つけたりしてしまいます。

何かが自分の思い通りにいかない時に必ず起こります。

最近、この癖はADHDの人に多いことを知りました。

芸能人でも爪噛みさんはいるみたいです。
女性の場合は「セクシーでイイ!」という意見もあるみたい^^;
ちょっとの癖ならのんきにいえるかもしれないけれども。。。

特に冬場は乾燥しているので、手が荒れやすく、ますますひどいことになります。

それなのに、まだやろうとしてしまう。。。

マニキュアを塗ってもダメ。
ストレス性のものなので、我慢するとよけいにひどくなってしまう。
バイターストップという爪噛み防止の薬は使ったことないのだけれども。
本当に爪が噛めなくなったら、暴動を起こしてしまいそうなんだもの・・・

一体、自分を傷つけたところで、何が変わるというのだろう?


「何も変わらないんだよなあ。」

そう思うとハンドクリームを出してきて、自分の指先に塗ってやった。

これからも、傷つけたくなったら、そのまま衝動で傷つけるのではなく、

「どうしたんや~。あんたはよくやってるよ~。」と自分に言って

ハンドクリームを
優しく塗ってやろうと思った。

ハサミは机に置いてね(^^


爪噛みの参考サイトはこちら
[PR]
by ryu_nen | 2005-10-03 11:11 | ADHD
昨日は、まだぼーっとしてたんだけれども
とりあえずこのまま悩んでいても仕方ないので
図書館にADHDの本を読みに行った。

でも関係ない本も漁る私^^;

「恋愛の国のアリス」やら「海辺のカフカ」やら
「大丈夫、人は必ず生まれ変われる。」など、前から読みたかったんだもん。

そういや読書8月・9月と全然してないや^^;
いつもは5冊~10冊くらい月に読んでるのに。
「読書の秋」だしサクサク読もう。

夜はバク天のHG&ヨン様に大ウケ。
絶対ヨン様、HGのこと見てたよね?
レイザーラモンさん本当にお疲れ様。なんか好きだあーこの人。

夜はネットでADHD関連書籍をリスト化してみた。
子どもの障害とされてるので教育や子育ての本も多いけれども
大人のADHDの本もあって、対処法や体験談、プラスに考える本など
中心に30冊ほどリストアップ。
主要な本はだいたいわかったので、これから読んでいきます。

親には言おう、言おうとしてまたいえなかったよ。チャンス伺います。
[PR]
by ryu_nen | 2005-09-25 16:29 | ADHD

普通の留年日記(?)

うつ症状や卒論ができないことや、将来の見通しが立てれないこと
大学で人間関係がうまくつくれないことなどで、私は留年しました。

あまりにもおかしいので、
医師に聞いたところADHD的特徴を有することが問題の原因との診断を受けました。

なんだか普通の留年生として始めたブログが突如
ADHD的な特徴を有する留年生のブログになって、とまどっています。

とりあえず障害についてはあまり書かず
これからも普通(?)の留年生活について書いていこうと思います。

「普通って何?」って感じなんですが><
普通じゃないから、あんたADHDって言われたんじゃあ・・・
それに留年してる時点で普通の大学生じゃないしっ(ーー;
それから普通のブログなんて、やってる意味あるんだろうかって思うし。
読む方も普通じゃなくて、そこにしかないものがあるから、ブログって読む価値あんじゃん?っていうのも思います・・・

でも、あんまり普通の留年生に意味ないブログになりつつあって、ホントごめんなさい。

それに、この後に及んで「普通」にこだわる私がちょっと滑稽だなとも感じてます。
どうしてそんなに普通でいたがるんだろう?
多分、怖いんだろうな。これ以上、少数派になって孤独になるのが怖いのね。
普通・普通じゃないなんて、私の意識の壁に過ぎないのに。
[PR]
by ryu_nen | 2005-09-24 21:39 | ADHD