私は、不登校・うつ症状で大学を2年留年した後、卒業しました。当時、留年仲間がおらず苦労したので、同じく留年してしまった人の為にブログ作りました。 私の卒業後…日雇い派遣→就職→心身壊し退職。知人の所でバイトしつつヘルパー2級取得→保育士試験受験。結果は不合格。


by ryu_nen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:留年するまでの私( 2 )

今思えば、現役卒業時に保留単位をあわせれば、私は卒業単位をそろえていた。
だから、卒業に手が届かないということは無かった。そういう点で留年は私が選んだとも言える。じゃあ、なぜ卒業しなかったのだろうか考えてみた。

①社会に出る不安があった。これがあると思う。こんな就職先も決まってない状態で卒業してもどうなるかわかったものではない。私は社会に出るのが怖かった。今も怖いけれども。

②この歳になるまで、親やまわりのいうことをよくきいてきたので、自分の中に「卒業する」という自主的な気持ちが無かった。「やらされてる感」があり前向きに進路を選べなくなっていた。

③自分の勉強不足感があった。まだ自分の問いに答えがでていない。自分の学問的な問いを追求したいという意識があった。が、これもやりたい反面、「やらなくちゃ」という「義務感」もあって、やっていてもイライラするばかりだった。本当にやりたいことではなかったのだと思う。いい子にみられる自分がほしかっただけだと思う。

④ずーっと小学校から、「自分が本当に何がやりたいのか」をみつめてこなかった結果。やりたいことがあってもいい子でいたいという気持ちや、まわりの人に変な目で見られたくないという気持ちがあり、世間体や見栄えを優先していた。だからいつも自分は犠牲になってるような気がして、不満だらけだった。このまま親がしいた人生を歩いていくことへの限界が留年という形で出たのだと思う。

⑤自分喪失。自暴自棄。疲れすぎて傷つきすぎて、それが深くなりすぎて立ち上がれないところまできていたんだと思う。もっと早めに無理せず休んでおけばよかったと思う。

こうやってみると私にとって「留年」は自分を取り返す旅。
期待に応える代わりに、惜しみない愛がほしかったことが伺える。

そんな今は、義務感や世間体。
まわりの期待に応える生き方をやめようと思った。
そんなことして、相手を喜ばせても、自分は犠牲になったような気がするし、楽しくないから不機嫌になってくる。その不機嫌さは必ず相手にも伝わる。

今は自分がやりたいと思ったことしかやりたくないって今は思う。
そうでないと、私は自分が犠牲になった代価を払ってくれない親に、先生に、社会に恨みの感情を強くしていくだろうから。

「やりたいことだけする」なんて、もちろんできないだろうけれども、
やりたいことが一番多くできるような人生がいいと思う。
そしたら、私は幸せだろうし、
そういう場を与えてくれたまわりの人にも感謝の気持ちでいっぱいになると思うから。
[PR]
by ryu_nen | 2005-07-27 16:18 | 留年するまでの私

留年にいたるまで

留年にいたるまで私は何をしていたのか書こうと思う。
1年生。ただ普通の一年だった。取得単位が30単位というところが行き先不安な感じだ。
これは講義の登録方法を間違えて、40単位登録できるところを30単位しか登録しなかったことがある。10単位の違いだが命取りだ。今思えば、学校事務の人にでも泣きついて、登録を増やせばよかった。まだまだウブな大学生だったのねえ。

2年生。このころから、課外活動を活発にやり始めて学校に行かなくなった気がする。そんなことで、何を思ったか編入を考えた。編入して刺激的な学びがあるところにいけば学校も面白くなると考えたが、甘かった。単位は3・4年生で残り半分の62単位を取得しなければならなくなり、就活を考えるとキツイ感じ。

3年生。編入したが友達が減りますます学校へいかなくなる。課外活動に力を入れ、もっとも輝いた時期となる。3年の冬から4年の春にかけてはマナー講座や就職説明会へ行くなど積極的に就活するが、競争心がみえみえの企業に嫌気がさし、心からいいなと思って自分が働ける企業というのがなく結局どこも受験せず。また卒業後も課外活動を続けたかったのでよけいに企業をしぼりすぎたのもある。取得単位はここまでで80単位。残り40単位。

4年生。これではダメだと、課外活動をやめ、大学に戻る。このとき最愛の彼と別れるが、まだ自分ではたいしたことだと思っていなかった。
しかし、卒論が必修な上、就活もあり、40単位をとるというのがこのころの私にプレッシャーとなる。積極的に取材にも出かけるが、論文を書く基礎が育っていないため右往左往するばかり。
課外活動をやめたために友達もいなくなり、卒論がかけないことでゼミ生たちからも孤立する。どんどんと自信を失っていき、疲れてしまいやる気もなくなってきた。この時保留になった単位が10単位。このころ親との対立も深く泣き叫んで抗議することもあった。

留年一年目。やる気が無く自分を見失ったまま、留年。取材先で出会った男性とお付き合いする。が、現実逃避の為のお付き合いなのでうまくいかず。卒業を目指すのかと思いきや、自信を喪失、自己肯定感の低下。失恋の傷が痛んで「私を癒して~」とばかりに恋愛に走るが、なんとお付き合いしていた男性が浮気。相手は私の友達。二人は私が付き合う前から関係があったのだ。もうわけがわからない。人が信じれない。
でも一人になるよりましだった。「愛してくれないなら、傷つけて」とばかりに自虐的大暴走。
親は私に命令するばかりで、理解ないことによけいに腹が立っていた。

留年二年目。編入時にお世話になった先生が私を拾ってくれた。卒業を目指そうと言ってくださり、2年目に突入。卒論は保留のまま。残りの科目もそろえれるようにして下さった。
が、やっぱり卒論は書けず、学校からも足が遠のく。そして今にいたる。
親はあきらめたのか静かに見守るようになった。

こうやって書くとやっぱ私、ちょっとおかしいよねえ^^;
基本的にいつも惜しみない愛や安心を欲してて、自己信頼が薄いのは変わらないね。
[PR]
by ryu_nen | 2005-07-27 15:56 | 留年するまでの私