私は、不登校・うつ症状で大学を2年留年した後、卒業しました。当時、留年仲間がおらず苦労したので、同じく留年してしまった人の為にブログ作りました。 私の卒業後…日雇い派遣→就職→心身壊し退職。知人の所でバイトしつつヘルパー2級取得→保育士試験受験。結果は不合格。


by ryu_nen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

会いたい人がいる幸せ。

笑顔な一日でした(^-^)

今日は、私の知ってる先輩や友達にたくさんの人に会う機会があった。
一言、二言話すだけだったけれども、
とても嬉しかったし、驚くほど元気にそして幸せになれた。

超ニコニコで、家に帰ってからもご機嫌で、家族にも優しくなれた^^

ああ、私ってこんなに幸せそうに笑えたんだ・・・(泣)忘れてたよ。。。

ある先輩は帰る時に
「卒業はどう?絶対それだけは頑張れよ~!」と言ってくれた。

私がいることに驚き、そして喜んでくれたくれた人もいた。
もう1~2年会ってないのに、私にしっかりと微笑みかけてくれた人もいた。

ああ、私には、こんなに良いひとたちがいたんだ。
こんなに無邪気に再会を喜びたい人がまだいたんだ・・・

それなのに、一人で悩んでひきこもって・・・馬鹿みたい。
たった3人の信じていた人に、裏切られてだけで、誰も信じれなくなってしまった。

人を恨んで大暴れした。
つまらない意地を張って、大切なものを失った。
自分を傷つけ、人を苦しめた。
二年間という大切なときを無駄にした。

でも、まだすべてを失ったわけじゃないみたい。
だって、こんな出来損ないの私のことをまだ覚えてくれてる人がいる。
優しく微笑んでくれた人がいる。
そういう人が一人でもいる限り、私はだいじょうぶだよ。
生きていけるよ。
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-28 00:41 | 留年日記

大切な場所。


e0035656_12412078.jpg
最近、よく行くところがある。

そこは、私が住む都会から一時間ほど行くとある森の中。

森は街とは違う。近い外国みたいだ。
人間が中心で動いていないから。

森の中心はいつでも虫や動物、そして自然だ。
夕方になると暗くて身動きがとれない。
車がなければ移動にも困る。
暗闇で携帯電話とライトを握り締めている自分がいてはっとした。
人間はなんて小さな存在なんだろうって思った。

でも、ここで見る
森。山。空。月。夕日。朝日。私の街の夜景。
とても壮大だ。

どんぐり。紅葉。くもの巣。炎。
飽きることがない美しさ。

悩んでいたことが馬鹿馬鹿しくなる。
つらいことがあっても、まあいいかと思える。

ここにくるとぐちゃぐちゃな気持ちがリセットできる。

そして、この場を守り続けている仲間たちに
感謝と尊敬と誇りの気持ちをいつもいつも、持っていたい。
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-27 01:32 | 留年日記

クリーンアップ週間!

最近、バイトでも出入りしてる団体でも人と話す機会が増えた。
パートのおばさまとか、現役の大学生とか。

しかし、あまり親しくない人と話すことが私にはない。
大学留年・うつ・ADHD・就活失敗。
私の話って本当暗いし、ひいちゃう内容ばっかり(^_^;)
他のことにしても、人に言えないことが多い。

今まで一人の時間が多かったから、人から見られてどうかなんて、考えてたけど
真剣には考えてなかった。というか想像してなかった。

「変なやつ」って思われてもいいけど、それなりに人と話せる体制になりたいな。
今って、自分のこと聞かれると困るからどうしても自分から引いてしまう(>_<)
自分で「自分は駄目」って決め付けてるとこもあるんだけれども。

貧相な家でも掃除は行き届いてるような状態にしたいな。
人も同じなんだね。人と付き合いたければ、
自分を整理整頓したり、掃除したりして、人を招ける状態にしてこそ、人と付き合えるのかなって思う。
そんなわけで、クリーンアップ開始します!もちろん大学のことも含めて。
駄目人間でも、駄目なりに、手入れされた人間になる!
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-21 21:39 | 留年日記
昔、とても嫌いな先輩がいた。
しかし、気付いてみると私もその先輩と同じ立場になってた。

先輩の何が嫌だったんだろう?

格好悪いのがバレバレなのに、格好悪いことを認めず、格好つけてる人だった。
「私は他の人とは違う特別な人なの」っていうメッセージを出し続けてる人だった。

イメージする格好よさを自分で作って、私に押しつけてくる人だった。
自分は格好悪さを見せず優位に立って、私の内面を知りたがる人だった。
格好悪さを見せないのに「本当の私を受け入れて!」と願う矛盾した人だった。

たぶん、その先輩の姿は今の私。

だから私は…格好悪いを隠さずに行こう!!
だって隠してもバレバレだし(^_^;)
超格好悪い自分を極めてやる!!
超格好悪い自分でまわりに笑われて生きてやる!

だけど私は、もう二度と自分にとって大切なものを見誤らない。
それを守る為には格好悪くなってもかまわない。
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-21 12:43 | 留年日記

障害も自分の一部です。

これもカウンセリングにての話。

心療内科の先生は、
卒業をすべき状態で、本人もそれをわかっていて
卒論を書こうとして努力しているにも関わらず
それができていないということは
資料の整理が苦手なADHDという障害ではないか?とおっしゃった。
そこで私は「私はちゃんとやってるから、悪いのは私でなくて障害だ」と思う部分があった。

でも、カウンセリングの先生は、もしADHDだったとして、
「障害を含んで、あなたなんだ。障害もあなたの一部なんだ」
と言った。

障害も含んで、あなたの卒論を考える。これからの人生を考える。
そうだよね。私が一生つきあっていかなくちゃいけないことだよね。

障害を持つ人はみんな当たり前に自分の障害と一緒に生きてるんだと思ってた。
でも、そうじゃないんだね。
みんなこうやって、自分の一部として障害を受け入れるの時があったのかもしれない。

障害は障壁でもないし、敵でもないし、不幸でもない。自分の個性なんだね。
いろんな障害についての本に、そういうことが書いてあったけれども、
以前より実感を持って、わかった気がする。
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-18 12:25 | ADHD
学生カウンセリングにての話。

先生に言われたのは、
「あなたは本当は卒論が書きたいのかどうか?」ってこと。

本当に書きたくて頑張ってるんだけれども書けないのか、
本当は書きたくないのに、無理して書いてるから書けないのか
本当の気持ちはどこにあるのかということ。

卒業しなくちゃ。卒論書かなきゃ。それはわかってる。
卒論も良いものにしたいし、卒業もちゃんとしたい。
親の為にも、卒業しなくちゃいけない。
でも、卒論書こうとすると気分が悪くなり鬱状態になるので書きたくない。すごくつらい。

本当はどっちなんだろう?
私は卒論を書きたいのか。
それともただやらなくちゃいけないからやってるだけなんだろうか?

大学なんてどうでもいい。
でも親に「大卒でもないおまえに何ができる?」と言われれば、
私に何かできることがある気がしない。

やっぱり半端なまま、社会に出るのが怖い。

でも悔しい。私はまだ、自分の人生を自分で手にしていない感じがする。
ずっとそうだ。親の人生を生きてる気がする。
そのことがとんでもなく、苦痛で悔しい。

でも、親も私の為を思って言ってくれてることはわかってる。

今はまだ、本当は大学を卒業したかったのか、わからない。
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-18 12:21 | 卒論
卒論をやろうとすると、気分が悪くなったり、吐き気に襲われる私。。。

調子が良い時に、それはなぜか考えてみた。

卒論をやろう、やらなくちゃってキモチはある。
でも、やらなくちゃいけないことがポンポン浮かんできて
何をしたらいいのかわからなくなる。

「できない。やりたくない。わからない。私はダメダメダメ・・・」

そんなことだけがグルグルまわってパニックになる。
この状態では論文を書くなんてことはできない><

対策として考えたのは、
できないことではなく、できることだけやる。」
「やりたくないことでなく、やりたいことをやる。」
「わからないことではなく、わかってることを書く」
これで少し楽になりました。

例えば、論文を書くのが難しいのなら、まず参考文献を読むだけとか。
論文が難しいなら、感想文をまず書いてみるとか。

まず、できることから、やりたいことから、わかることからやる。
それには、気分の悪さはないようです(^^)

それにしても、提出まで二週間切ってます。
内容より、規定の枚数を超えることをまず目標にしよう☆
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-18 11:55 | 卒論
最近、私は昔の仲間がいる、あるグループに顔を出している。
大学で卒論に専念する為にやめたのだけれども、あれから三年。
その頃の仲間がグループの責任者になっていて手伝いをさせてくれる。

そのグループは私にとって、第二の家族みたいなものだった。
いや、本当の家族以上の存在かもしれない。

でも、当時そのグループにいた頃、私は不満でいっぱいだった。
もっと理想の世界があると思っていた。
きらびやかな世界にあこがれていた。
だから、外の世界に飛び出した。

そしたら、このザマです^^;
体も心も病んでしまうし、
新しい場所でうまくいったのもつかのま、嘘や裏切りの嵐がやってきた。
人の心の闇の深さにぞっとする出来事が続いた。

その時になって、はじめて
裏切らない仲間がいた自分がどんなに幸せで恵まれていたのか思い知った。

今でもその場所のかけらが残っていることが奇跡のように思う。

でも、人は恵まれていることに慣れてしまうと、愚痴や不満が出てくる。
今日もそんなふうに不満や愚痴をいう人たちに出会った。

私は今、つらい状況にいるので、ちょっとしたことで
感謝のキモチでいっぱいになるけれども
私も恵まれた状態に慣れていつか愚痴や不満を言う日が来るかもしれない。
でも、絶対忘れたくない。

普通に空気が吸えて、
ごはんが美味しいと思って食べれて
景色を見て美しいと思えることがどんなに幸せなことか。
裏切りや嘘で汚されていない関係がどんなに尊いものか。

謙虚さや感謝の気持ちを忘れずにいたい。

でも、私は馬鹿だから忘れてしまうだろう。
だからつらい状況で生きてる方がいいんだと思う。

それに、「本当の幸せ」を私に教えてくれた
孤独や苦しさや閉塞感、裏切りや嘘に、今は感謝したいと思っている。
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-11 23:58 | 留年日記
以前からずっと作りたかった手作りハンドクリーム。。。
手作りコスメデビューしちゃいました☆

e0035656_0263524.jpg

【材料】は左から
①メジャーカップ 200ml 耐熱ガラス 無印良品 350円
②クリームケース 角形 二個入 ダイソー 105円
③ホホバオイル 50ml 無印良品 714円
④ラベンダー(タスマニア産)エッセンシャルオイル 3ml 生活の木 630円
⑤蜜ろう 5g 生活の木 158円

他:竹串かガラス棒、鍋。
 
材料は、できるだけ安くあげてみました。
ホホバオイルと耐熱ガラスは生活の木よりも
無印良品が安かったのでこちらにしました。
でもホホバオイルは大きめ店しか扱ってない模様。。。

【作り方】(生活の木でレシピをもらいました)
①耐熱ガラスにホホバオイル25mlと蜜ろう5gを入れて湯煎にかける。
②竹串で蜜ろうが溶けるまで混ぜる。
③溶けたら保存容器に移す
④白く固まってきたら、精油を4滴加えて混ぜる。

【作ってみての感想】
ホホバオイルが酸化しにくいオイルだそうです。
その酸化速度はオリーブオイルの4倍の遅さだそうです。
インディアンに宝物として使われていたのもうなずけます。
ぜひ使いたいオイルとして考えていたのでこれを使いました。

蜜ろうを溶かす時、少し時間がかかったのでちょっとあせりました^^;
でも、溶けきると黄色い透明な液体になりとても綺麗でした☆

蜜ろうは、甘いようなちょっと癖のあるハチミツの香りでびっくりしました。

精油は入れすぎたようで、3つのケースにわけて入れた中で
計10滴くらい入れてしまい、ラベンダーの香りがきついかもしれない。。。

【使用感】
作りながらあまりを試してみたのですが、悪くはない感じです。
さすがオイルが入っているので塗ったあとすぐは手がべたつきます^^;

でも、ホホバオイル・蜜ろう・ラベンダーというシンプルな作りが嬉しいっす☆

あと、リップクリームやヘアワックスとしても使い回せることがありがたいですね^^

幸運なことに精油に興味がある友達をみつけたので
さっそくプレゼントしてみようと思います(^-^)
e0035656_0271073.jpg


参考にしたのは小幡有樹子さんのこちらの本です。
自然素材でつくるファミリーのデイリーケア
小幡 有樹子 / ブロンズ新社
スコア選択: ★★★★
メモ:自分でヘアケア、スキンケア、石鹸などが手作りできちゃう本。


追記:三日間使ってみての感想。
ちょっとオイルのベタベタ感が気になって、使い心地はあんまり。。。
手に何かついてるような感じがあります。
あと、食事前に使うとラベンダーの香りがごはんと混ざるのでNG><
でも、寝る前につけて手袋をすると朝には自然な潤いのある手になっていました☆
これはアトリックス以上の効果だったので、すごいって思っちゃいました!!
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-11 00:29 | スキンケア・手作り・アロマ
e0035656_23463092.jpg

今日は論文をやろうとしてたんだけれども、落ち込むは吐き気はするわで断念><
でもこういう時こそ、自分を責めずに、ケアすることが大切だと考えて
以前もとりあげましたがハンドエキスポ2005に行って来ました。
ユースキン製薬のイベントです。

電車に乗って、会場に行くと、終わりかけだったのでハンドマッサージは終了していて
サンプル配布していました。(写真の左下です)

一個しかもらえなかったので、えーーショック><
わざわざ電車に乗ってきたのに・・・と思い数個もらう私。。。

でも後で思うとたかがサンプルに意地になることはなかった><
もらったサンプルは友達にあげて試してもらおう。

帰りに「生活の木」に寄りました。
秋・冬のカタログをもらっちゃいました☆ラッキー!
カタログだけど見てるだけで勉強になります。花や緑の写真が良い^^
店員さんも親切ですね!大きなお店の方がいいのかしら?

今日買ったのは、手作りハンドクリームの材料で
ミツロウ5グラムと精油ラベンダーです。
どちらも初めてのお買いあげです☆生活の木での買い物も初めてです。

ラベンダーはフランス産とタスマニア産とブルガリア産があり、
タスマニア産が一番柔らかな香りだというのでこれにしました。
私はラベンダーのツンとした香りが実はあまり好きではないのです。。。

香りはスイートオレンジが好きなのですが、初心者はラベンダーからかなと思って。
精油は種類が多いけれども、まずはラベンダーからはじめてみます☆
[PR]
by ryu_nen | 2005-11-10 23:51 | スキンケア・手作り・アロマ