私は、不登校・うつ症状で大学を2年留年した後、卒業しました。当時、留年仲間がおらず苦労したので、同じく留年してしまった人の為にブログ作りました。 私の卒業後…日雇い派遣→就職→心身壊し退職。知人の所でバイトしつつヘルパー2級取得→保育士試験受験。結果は不合格。


by ryu_nen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アシュリーから学ぶこと。

アシュリーとは昨日テレビで放送された
「短い命を刻む少女~アシュリー・14年間の軌跡~」でみた少女のことである。
以前「サイエンス・ミステリー」でもテレビにも出ていた。

プロジェリアという普通の人の十倍近い速度で老化が進む病を背負ったアシュリー。

彼女は病を背負い、体はとても小さいのに
落ち着いていて、自立している印象がある。

母、ロージーがまたとても綺麗で魅力的な人だと思う。
「アシュリーには今やりたいと思うことをできるだけやらせてあげたい。」
(アシュリーが中学に入学した時)
「いつかこうなればいいなみたいなことを思ったことはなかった。
私たちは今だけをみつめて生きてきたから。」という言葉が印象的でした。

犬や猫、ハムスターなどのペットを飼い、動物病院でお手伝いをして
学校にも行き、運動会や合唱にも参加する。弟の世話もする。
また同じプロジェリアの子どもたちにメッセージを配信するアシュリーちゃん。
彼女の「今」は確かに充実していた。

私は将来をずーっと良いものにし続けるのは自信ないが
今日を今の、この短い時くらい充実させれるのではないだろうか。
人が驚くようなものでなくても、自分サイズでいいから。

そう思ったら、すこし落ち着いた。
大きなものを最初から目指さずに、今の自分ができることをしようと思った。
みじかい命を抱きしめて
ロリー・へギ / 扶桑社
スコア選択:
[PR]
by ryu_nen | 2005-09-26 09:45 | オススメ作品&番組